つかずはなれず・つかれずはなす雑記ライフワークである短歌制作と付かず離れず、疲れず話す日々の雑記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
出戻り上等!! 00:00
長らくごぶさたしてました。帰ってきた甘枝 Part …… ナンボ?
前科が多すぎてもはや確認する勇気もないけれど、経験上またいつ停まるやもしれないし、ここはひとつ堂々と居直って、いざ。

さて、まずはこの場を借りて友人知人の皆様へお知らせ。
不肖甘枝、今年は喪中につき年賀状を出せません。あしからずご了承をば。

というのも、去る3月26日の夕方、父方の祖母が亡くなったからで。
今回久々に日記を書くにあたって、これまた久々にHPを開いたのだけど、なんとはなしにBBSへの自分の最後の書き込み日時を見てギョッとした。まさにその祖母が亡くなった日の、亡くなるほんの十数時間前のものだったからだ。
今回見るまで全然気付かなかった。祖母は夕方突然の急変で逝ってしまったから、あの時点ではまだ至って普通の日常を過ごしていたんだな、と投稿を見て思う。

そういうわけで、我が家はその日から夏の初盆まで折々の行事にあたふたと追われていたのだが、それ以外にも甘枝の育ての親といって過言でない身内が重い病気に罹ったり、GWには甘枝のライフラインといって過言でないMacが壊れてしまったりで、実にまったく散々な日々を送ってきた。

そうそう、Mac。これ壊れてから既に半年以上経つが、いまだ修理に出せていない。
宮崎にはApple Storeがなく、また修理を請け負ってくれる家電店もないのでどこか近県の担当に送らねばならないのだが、壊れた時は身内の病気のことでそれどころじゃなかったからずっと放置していた。
メールだけちょっと引っ掛かったが、どのみち今のアタシにゃ〜スパムくらいしかこんやろ、とひどく捨て鉢な気分で。
なので万一これまでにメールを送ってくれたという奇特な方がいたら非常に申し訳ない。ホント、ごめんなさいぃぃ。。
今はだいぶ立ち直ったのでそろそろ修理をと思っているが、仕事の関係で年明けにずれ込むかも。
御用の方はお手数ですが携帯宛か、mixiメール、HPのBBS、ないしは電話、電報、伝書鳩などなどでお願いします。

ま、暗い話はこれくらいにして、その他近況を。
とはいえ、たいした話はないのだけど、長く甘枝業から離れていたせいでフラストレーションもMaxとなり、また一から歌を詠むためにまずは何か刺激を、ということで、たまたま近場の美術館に来ていた『アルフォンス・ミュシャ展』へ行ってきた。
ミュシャに深い思いはなかったが、いつか訪れてみたい国・チェコ出身の画家だというのと、あとやっぱり美術館自体が持つあの雰囲気。あれに触れたくて。ホテルでもホールでもだが、何故か昔から気密性が高くて無音の場所、というのにすごく弱い。そういう場所に行くだけでうっとりしてしまう。何だろこれ。もしや甘枝の前世は防音カーペットだったのだろうか。
とりわけ美術館や博物館は、先の条件に加え空気がひんやりしているのがなお良い。最高。 で、行く。

行ってみると、甘枝がちょうど400人目の来場者だったらしく、受付の人が小さく拍手をしてくれた。
そして「記念品があります」と引き留めるので、慌てて周囲を見渡す。贈呈の瞬間をテレビカメラが狙ってるのではと思ったからだ。しかし心配しなくても、カメラはおろか見物人さえひとっつもなかった。さすがは400人目、半端なキリ番だけある。

肝心のミュシャはというと、普通の画家かと思いきや、広告の仕事を主にしていた人のようで、ジャンルも舞台ポスターから自転車屋の看板、ビールの広告、あげくにはブルガリアの紙幣までと幅広く、見ていて飽きなかった。
記念品のポスターをもらい、ハガキなども購入して、帰りにはすっかり「明日からワイは絵や、絵で行くんや!」の気分に(間違いなく本末転倒) ちょっと昔の感覚に戻れた気がした一日だった(というよりバックトゥザ・おバカかもしれない)

最後に、我が愛猫ノーチの近影を。謎の虚無僧として行脚されている様子を収めた、珍しい一枚です。


| - | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 甘枝りり
スポンサーサイト 00:00
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








生きてて何より!
posted by 104@ | 2007/11/20 7:35 AM |
ありがとうございます。
そう言われるとなんだか「恥ずかしながら帰って参りましたッ」と敬礼したくなる思い。
また一から頑張りまっす!
posted by 甘枝 | 2007/11/20 6:45 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://amaeda.jugem.cc/trackback/68
<< NEW | TOP | OLD>>