つかずはなれず・つかれずはなす雑記ライフワークである短歌制作と付かず離れず、疲れず話す日々の雑記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
いつか見た町 00:00
調子に乗ってもうひとつだけ。 

この1年半は仕事ずくめで… と前回書いたが、仕事に偏った生活をしていると、自然と意識の中心が「バランス」に向く。

健康面や食生活におけるそれは、何らかの習慣づけをしてしまえば割と快調にやっていけるものだが、問題はメンタル面。
こちらについては、公私の別をくっきりつけてバランスを図るのはなかなかどうして至難の業。仕事漬けの最中なら尚更。

美味しいものを食べるだとか、映画を観るだとか、一時的に何もかも忘れて自由な心持ちを得る方法は幾らもあるだろう。
でもできれば、能動的に何かやるんじゃなく、自然と得たいのよね。受動的に。こちとら動くのも厄介なほど疲れてまさぁ。

なんてことを、元来のものぐさも手伝って寝転がりつつ猫も転がしつつ考えていたら。

さーすーがーは私の身体。 ある時から、毎日のように魅力的な夢を私に見せるようになった。

なんという突飛で、かつ灯台もと暗し的な発想! まさに受動的。ただ横になって目を瞑るだけ。
しかも自家発電だから余計な電力や電気代も必要なし! 奥さん、こんなエコなストレス発散法、今までありましたか!?
それに見て下さい、まぶたの裏に広がるこの大画面! 今ならお好きな出演者、ストーリー、全部お付けします!!

そりゃー たかた社長も思わず声を張るというもの。私だって、なんで毎日夢を見るか考えて、まさか!?と叫んだもの。
おそらく、逃避の一種なのではあろうが、一方、ノイローゼとかから身を守るために脳が編み出した防御策とも思える。
ともあれ、その期間、夢による身体への害らしきものはなかった。実際のところ、見ているのは寝起き前の一瞬だろうし。
疲れていても朝にはスッキリ。身体も頭も。 あ〜 このワザをのりピーが持ってたらなあ… と思わずにいられない。 

しかし、そうはいっても、夢を見続けることに対してひとつも不安を覚えなかったかというと、そうじゃなく。
やっぱりね、そうとう病んでるんじゃないかと、そのうち世にも奇妙な物語みたいに現実へ戻れなくなるんじゃないかと。
一時はそれなりに悩んだもんです。だって毎日フルカラーの夢を見続けるのもなんだか異様だし、なによりその世界が…

そこは、夢の中にしかない町。むかーし、高校生の時くらいから、何年かおきにたまーに出てきた町。
最初は映画館だけだったが、やがてデパートにたどり着き、回を重ねてそこの構造、売り場の配置も知り尽くして。
そして数年の時を経て、今回またそこが出てきたと。で今回は、さらに町のあちこちを探索して日々世界が拡がる、と。

完全にひとりシムシティですよ。それがほぼ毎日。その中で「あの道とこの道がつながってたなんて!」と新発見もあり。
昔からずっとその夢の町のことは気になっていたから、私としてはそりゃ楽しい。毎日そりゃ寝るのが楽しみで。
調子の良い時は、明晰夢というのか、夢の中で「これは夢だ」と自覚することがあって、話の展開をいろいろ操作したり。

あまりに楽しすぎて余計不安になり、ある時から、なるべく夢の内容を周囲の人に話すようにした。これもバランスで。
だけども、他人の夢の話ほど詰まらないものはない、って定説通り、これが伝わらない伝わらない。
夢というものの、残念にして歯がゆいところは、けして他の人と共有することができない点。これに尽きる。

いろんな人にいろんな夢の話をしたが、食いつきが良かったのは、鰻屋の前を通ったらいい匂いがしておなかが空いたんだけど、鰻屋なのに外までがんがんハワイアンの音楽を流してて、さらにはガラス戸の向こうに勝新の姿が見えたので入るのをやめた、という回と、あとは古い洋館でホラー的な展開になりそうだったので無理やり話を変えた、という回くらい。

後者の方は明晰夢の奴で、洋館の2階に通じる階段の上に明らかに怖い何者か(ジェイソンとかフレディとかそのあたり)がいるんですよ。で、今にも降りてくる気配。もし降りてきたら絶対やられる雰囲気。そしてさぁ、ついに一段… その時!

よっぽど怖かったんでしょうねぇ。恐怖のあまり逆ギレして。「人の夢で何こわい思いさせてくれるんじゃー!!」
「こんな展開、ぜっったい許さん!!」 心の中で強くつよーく念じたら。

途端に目の前の風景がピタリと止まって、上から映画のエンドロールみたいなテロップが流れてきましてね。
そう、殺人鬼が降りてくる前に話を終わらせたんです。ギリギリで。無理くり。殺人鬼の立場も考えずにね。

そんな番外編的展開もあったが、基本的には平和な夢の町。どうも宮崎と広島と、あと熱海あたりをモデルにしてるよう。
実際にはないのだけど、夢の中では現実(起きた世界)にもあると信じている。この先いつかどこかで出会ったりして。

ただここ最近は、仕事の先行きが見えてきたせいかあまり見なくなってきた。やはり当時のストレス発散法だったのかも。
ちなみにそこまで仕事で追いつめられていたわけではない。ものぐさレベルにはきつかった、ぐらいじゃないか。
なので多分私には寸刻みで動く首相などの職は向かないだろう。もしなったら目を開けたまま白昼夢を見る自信がある。
| - | comments(33) | trackbacks(0) | posted by 甘枝りり
相棒シーズンになったので 00:00
 …というわけではないけども、相棒を観てたら前回映画について書いていたのを思い出し、ああ、また書かねばなと。
しかし前回の日付を見てびっくりした。
まさか1年半も更新していないとは… すこーしのつもりが1年半! すこーしサボって、ながーくサボって、た!!

自前のPCがいまだ不調なのもあるけど(メールも引き続き見られない状態。連絡はBBSや携帯、mixi等で。御免!)
それより何より仕事、仕事、仕事しかしてなかった感のある1年半。

その甲斐あってか、長らく関わってきたプロジェクトも、年明けにはようやっと独り立ちしそうな気配。
ちょっと延びてしまったが、自分の中でのミッションコンプリートというか、一段落までもあともう少し。
それまではまだ更新もまばらになると思う。書きたい気持ちだけ今急激に湧きつつある感じ。あくまで気持ち先行で。

そんなテンションになったのも、先日、心ある士より「これなら楽に書けるのでは?」と Twitter を教えてもらったから。
はじめはおっかなびっくりだったが、いざやってみると、字数制限がかえって良くて本当に楽。
ホンマや!! これはまるで、Webサービス界のらくらくホンや〜 使ったことないけど〜 たぶん〜

というわけで、一週間ほど前から始めてます http://twitter.com/ama_riri

つぶやきもあるけど、主にその時々で思いついた短歌を落として。これが書くことへのいいリハビリになっている。
実際、日記も書く気になったしなぁ。あちらは140字までしか書けなくて、そうなるとどうしても反動で長文への欲求が…

あれ、こう書くとなんだか、まるでおびき出されて来たような。こうでもしないと姿を現さない私って何なんだ!?
ま、ともかく、作戦は成功ということで。ひとまず書くだけ書いてみた、の巻。


あっ! 肝心の相棒の話、いっこも書いてへん!! オープニングが妙にお洒落! 神戸くん、いい!(それだけかーい)
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 甘枝りり
相棒脳 00:00
ごぶさたしております。もう5月、約半年ぶりの更新ですな。

ここ数年、甘枝は 「書けぬなら 変えてみせよう 職環境」 をモットーに、ごく私的な意図から仕事に猛進してきたのだけど、いろんな試行錯誤を経て、ようやく最近その成果の片鱗が見えてきだした。
甘枝の見立てでは、ミッションコンプリートまであと1年。 なんと長いこ…  なぁに、これくらい余裕のヨハネスブルグだ。
そこまでいけば、あとはずっと甘枝のターン。仕事との両立も楽だろう。飛び石更新ともそこでおさらばじゃ〜(の予定)

さて、先週はGWで、珍しく甘枝も連休を取ることができた。 珍しく、というのは今仕事が繁忙期のため。
もしかしたら緊急出動があるかもしれないので県外への高飛びは叶わなかったが、今回は全然問題なし。
このGW最大の目的にしてお楽しみは、たとえどこへいようとも 『相棒 劇場版』を観に行くこと。それに尽きるのだから。

鑑賞にあたっては友達と母とそれぞれからお誘いを受けていて、結局二日連続で観に行くことになった。
二日目に同行した母は、既に一度観ている甘枝が退屈するんじゃないかと心配していたが、いえいえ全く。
実は前日に見終わった後、いくつか気になる点が出てきて友達とずいぶん推理を働かせたのだけど、結局解決を見ずに終わってしまった。それで次はもう一度その辺を注意して観てみようと決めてきたところなのだ。

そんなわけで視点を変えて二回目。
隣では母が、お馴染みキャラの小ネタに逐一反応している。さすがは土ワイ時代からのファン、細かいツボも見逃さない。
謎の方は、伏線やヒントを探したが注意して見れば見るほど何もかもあやしく思えてきて、いっそう収拾がつかないことに。
前日に買ったパンフにカットシーンが多いとあったのでそのせいかとも思ったが、その前に設定として不可解な箇所が…
映画ではその辺の現場検証シーンがなかったので何とも言えないが、あったらあったで引っ掛かるのではないか、と。
甘枝が引っ掛かるくらいなら当然右京さんも先に気づいていると思うのだけど、でもラストは普通に笑ってたからなぁ。

結局、いろいろ考えて思ったのは(以下、中途半端にネタバレ上等意味不明 御免!)

作中、チェスで使われるある一手がキーワードとして出てきて、それは政府のある事件に対する処理方法と、そんな処理をした政府に対する犯人の計画を二重に暗示しているものだったが、実はその一手は、今回の一連の事件に絡む映画の展開そのものをも暗示しているのではないか? ということだ。 つまり、犯人 VS 右京さん(警察)の攻防の顛末を。

もしそうだとすれば、事件は解決したのに謎が残って今ひとつすっきりしないのも合点がいくんだけどな。
もしもあれで終わりじゃなかったら。 というか、あれで終わりと思わせるのが犯人の狙いだったら。
右京さんに追いつめられるという、圧倒的に不利な状況からああいう形でドローに持ち込んだのだとしたら。
そして作戦はうまくいって、作中の時点ではさしもの右京さんでもまだ気づいていないのだとしたら。
そうだとしたら、ドローにしたい理由は何? そういう展開に持ち込ませたのは誰か?
そう考えると、不可解な謎が残ったのも、テレビでは必ずある犯行再現シーンや回想がなかったのも辻褄が合うのだが。

妄想は妄想を呼び、深読みはさらに深度を増す。
もし上記の推測があたっているとすれば、右京さんがドローのまま終わるはずがない。
なぜなら、過去のシリーズで右京さんがチェスでは負け知らずだということが描かれているし、また別の話では、性格を表すものとして「売られた喧嘩は買いますよ。そして必ず勝ちます」との名言まで残している。
そういう右京さんなら、今はアレでもいずれ「僕としたことが!」とピンと来て再捜査開始、改めて(真相究明の意味での)勝ちを取りに行く、って展開になるんじゃなかろうか。
今回チェスが取り上げられたのも、そこまで見越してのことだったら脱帽ものなんだけれども。

…まぁ、ないでしょうな。ノベライズ本も出ているらしいし、あれはあれで完結なんでしょうな。
それならそれで問題ない。いちおう話の起承転結はきっちりしてたし、映画作品として充分楽しめたのも事実だし。
要するに、今回観てわかったことが二つあって、ひとつはどんな見方をしても余韻の残る作りになってるということ。
素直に観てもテーマやモチーフが響くし、深読みしたらしたでこんな風にまだ考えを巡らせているし。なんにしろ後を引く。
そしてもうひとつは、うすうす勘づいてはいたが、やはり甘枝は非常に感化されやすい人間だということだ。
小学生の頃、ジャッキー・チェンの映画を観た帰りにやたら行動がカンフーめいていた時からそうではないかと思っていたのだが、今回の深読み具合で確信した。さすがに口調までは影響されていないが、細かいところが気になるあたり…

妄想の状況から判断しても、今は間違いなく、右京さんの「悪い癖」に感化され… た陣川くんになっているものと断定。

断定できるのがかなしい。(※でも今回陣川くんはMVPものの活躍だったと思う)
| - | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 甘枝りり
ノックするのは… キミか!? 00:00
暦から読む 「まだ あと」 はたちまちに 謎のワープを遂げ 「もう あと」 に

毎朝カレンダーで日の進みを確かめているはずなのに、夕方や夜にもう一度見てみると、なぜか前より数日、数週間単位でがばっと進んでいるような気がするのは一体どういうわけだろうか。もう師走も半ばって、とてもじゃないが信じがたい。
おそらくカレンダーや時計が示す時の流れというものは、こちらが眺めている間だけ見かけ上等倍で、目を離したらその隙に倍速でスキップしているに違いない。それかもしくは、自分では気付かないが甘枝だけ常にコマ送りで動いてるか。

さて、そういうわけで前回からはや二週間。この間平穏無事に過ごしてきたかと思いきや、なかなかどうして珍事連発。
ひとくちで簡単に言うと、馬に殴られ、床に足もとをすくわれつつもウーパールーパーやデンキウナギの各種各様の生き様に感銘を受け、「わたしも頑張らなくっちゃ」と夜ごと短歌制作に励んでいたら、それを見た友人が「これでも食べて精をつけて」とチョウザメ料理を差し出してきた… そんな二週間。 話の流れはデタラメだけど、エピソードはだいたい事実。

この中から今日は馬について書こうと思う。これは休みに友達とドライブがてら訪れた牧場での話。
柵越しにお馬さんへニンジンをあげられるコーナーがあって、端から順に一頭ずつスティックを渡していこうとしていたら、一番小さな馬が他に押されて後ろへ追いやられてしまった。可哀相なので友達と囮作戦など取りつつなんとか公平に配っていき、やがて最後の一本に。これは是非ともあの小さいのにあげようと、群がる他のを引き離しにかかったのだが、一頭だけどうにもしつこいヤツがいる。そいつは上体を小さいのに押しつけてグイグイと柵の方へ幅寄せし、何としても前へ出させない格好だ。むむ、譲り合い精神のかけらもないヤツめ… こうなったら意地でも小さいのにあげたいのが人の情。とにかくどうにか隙を見て、電光石火のすばやさで後ろへパスを送るしかない。

タイミングをはかり、よし、今だ!と思って身を乗り出した瞬間、突然左の頬に衝撃が走った。 な、な、まるで殴られたような… と思ったら、本当に殴られていた。甘枝が前に出たと同時にアイツもまた前へと身を乗り出していたのだ。そしてその際思いきり振られた鼻柱が、見事左にクリーンヒットしたのだった。 
三秒ほど呆然としたのち、ようやく我に返った。小さいのを見ると、どうやらパス自体は成功した様子。ほっとしてから改めて大きい方を見る。目が合った。瞬時に怒りがこみ上げてきたが、でも向こうも危害を加えるつもりじゃなかったろうし… と、ここは大人の対応でこらえることにした。じりじりと後方へ下がりつつ、「気にするな」と「もうないよ」の意味を兼ねて手のひらを見せる。すると、何を勘違いしたのか、もうないっつってんのにまた身を乗り出してブンブン首を振ってきた。目をむき、歯を見せ、こちらの手元を探りながらヒヒンブルッなどと喚く。たぶん「隠していないで出せ」と言っているのだろう。

もはや完全にカツアゲの域である。 なんという悪しき馬! What a bad horse you are! (リピートアフターミー)
この展開により、甘枝の中でおさめたはずの怒りが再び沸き上がってきた。あーあーあーちょっと、今更蒸し返したくはないが、不慮の事故とはいえこっちは一度おたくに殴られてるんでね。まずはそこから話をつけようじゃないか。ええ? 
ということで、「待て、待て。ここ、ここ!」と大げさに左の頬をアピールしてみせたが、ヤツは反省の色を見せるどころか、「なんだ、そっちにあるなら早く言え」と言わんばかりに今度は左を探ってくる。 …ダメだ。どうやらこいつには人の言葉がいっさい通用しないらしい(当たり前だ) 馬の耳に念仏というが、こいつの場合、それが瀬戸内寂聴のありがたい法話であっても、政府声明であっても、校長先生からの大事なお話であっても断じて聞く耳を持たないに違いない。

仕方がない。あくまでそちらがそういう態度を通すなら、出るトコ出て決着をつけようじゃないか。わたしは一向に構わない。
… という通達を、テレパシーで送ることにする。別に言い放ってやってもよかったのだが、そこだけ妙にすんなり理解されて本当に柵から出てこられても困るからだ。 ちょうどそこへ他の家族連れがやってきたので、今日のところはこれくらいにしといてやるかとしぶしぶ場を後にした(間違ってもこれさいわいにと退散、ではない) 途中でふと振り返ってみると、子供が差し出したニンジンを巡ってまたもやアイツが鼻息を荒くしている。他の馬はみな一般に抱かれるイメージ通り、優しげなまなざしをして人間の親子に友好的な態度を取っているというのに。また腹が立って、今度こそは口に出して言った。
「こらー!そこの馬ー! 今すぐ『優駿』のビデオ100回見て出直してこいー! バーカバーカ」
周りの人はさぞビックリするだろうと思ったが、不思議と誰も気付かなかったようだ。腹話術で言ったからかもしれない。

しかしそれにしても、いつ何が起こるかわからない人生、一生のうち一度は誰かに殴られるような事態もあるかもしれないと考えたことがあったが、まさか人ではなく、馬とは…
| - | comments(5) | trackbacks(1) | posted by 甘枝りり
大分の上海蟹 00:00
つい数日前のこと、仕事を終えて帰り支度をしていたら、先に会社を出ていた上司から電話が入った。
「取引先のTさんが上海蟹を捕ってきてくれたんだけど、食べる?」とのこと。
聞いて一瞬、捕ってきた??? と不思議に思ったが、既に近くのなじみの店で食べ始めているというので慌てて向かう。

店に入ると、そこのご主人を含め全員が早くも一杯目の蟹を空にしつつあるところだった。ちらりと厨房へ目をやると、そこには大きなボウルに山と積まれたカニ、カニ、カニ。上海蟹ってグルメ番組でしか見たことないけど、確かにそう、見た目こんな感じだったような。気になる入手経路を尋ねると、マスターが代わってひとこと 「Tさんがわざわざ一日かけて捕りに行ってくれたのよ、大分の実家の裏の川まで」  …はてな? 大分で上海蟹とはこれいかに? 種明かしを求めると、目の前のそれは実は上海蟹ではなく、通称「山太郎蟹」なる川蟹の一種らしい。しかし呼び名は違うが上海蟹と同属種であり、味もほとんど変わらないのだそうだ。マスターいわく「中華街だったら3000円取られてもおかしくない味」とのこと。わお。

食べ方があるというので、Tさんの隣に座って一からレクチャーしてもらう。まずは足から。外した関節の両側を噛み切って、片方からするっと身を吸い出す。タラバなどの海蟹よりはずっと小ぶりなため細かい作業に手間取るが、そんな苦労も身肉を口にしてすぐ吹っ飛んだ。 …なんという旨み。わずか数センチの足身ながら、その味の濃厚さは海蟹以上。そしてその濃厚さは、甲羅の中身に至るとさらに一層強みを増す… (解説は『美味しんぼ』の栗田さんでお送りしています)

人の倍の時間かかってやっと一杯食べ終え、恍惚の世界に浸っていると、すぐに二杯目が用意された。
周りの皿を見ると皆二杯で終了しているので、これが最初で最後のアンコールということか。心してかからねば。
一杯目は蟹の内部構造も何もわからない手探り状態だったため、食べていい部分を避けて指摘を受けたり、逆に食べられない軟骨(のような仕切り板のような)を、薄さをいいことに無理やり噛み切ろうとしたりしてずいぶんとロスを出した。
その経験を踏まえ、二杯目はいかにしたら効率よく、それでいて隅まであまさず綺麗に食べられるかを念頭に作業開始。
Tさんも今度は口出しをせず見守っていたが、熱心に発掘を続ける甘枝にやがてニヤリとして言った。「無口になってるよ」

確かに。夢中になるあまり、いつしか「蟹の前では皆一様に黙ってしまう」の典型を行っていたようだ。
でも、実はあれって見かけ上のことに過ぎないんじゃないかと思う。他の人に聞いたことがないから断言はできないが、少なくとも甘枝の場合、蟹と対峙している間は口にこそ出さないものの頭の中では常に自分の声が飛び交っている。「ここを攻めるにはまずこれを外して」 とか 「むーッ、この殻しぶとい!!」 などなど、完全実況中継されているのが実際のところだ。何人かの自分で対策チームを組んでことにあたっているような。だからどちらかというと自分の声でうるさいくらい。
特に今回は、最近『相棒』のほかにもうひとつ『医龍2』にもハマっているせいか、丸ごと一杯の蟹を順番にほぐしていくにあたって、内なる声も心なしかそれっぽい、手術的な感じになっていたように思う。

それは例えば  「これより胸部内隔壁の除去を行う。箸!」 「はい、先生」 「(途中でピタリと手を止め) こっ、これは…」 「どうした!?」 「隔壁の奥にさらにヒダがあり、そこに身肉が癒着している…」 「どうするんだ甘枝! うかうかしてたら店の閉店時間が来てしまうぞ!」 「先生っ、蟹ミソの方に汁が! このままではミソもろとも外部に流失してしまいます!」 「 ……よし。こうなったら手で行く。お手ふき!」 「できるのか!?」 「オレを誰だと思っている。必ず身肉も、蟹ミソも、両方救ってみせる!!」 ♪ジャーン テレテレテロリロリーン、といった具合に。

いくら無口になっていると笑われようが、さすがにこれは口に出せまい。出したら甘枝の方が病院に送られそうだ。
結局南極、やはり蟹は黙って食しましょう、ってことで。 以上、甘枝がもしサトラレだったらどーするんだ!? というお話。
| - | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 甘枝りり
| 1/11 | >>